家を貸すことにより大家になる。安定したインカムを得ることが出来る

大家は誰でもできる

グラフ

自分が所有する家を訳があって貸すことになった場合、大家の経験がない人は不安になるでしょう。しかし、大家業は学歴や才能は全く関係ありません。もちろん年齢も性別も関係なく80代や90代の大家も存在しています。つまり、やる気さえあれば誰でもできるのが大家業なのです。会社員のように定年もないので、元気であればいくつになってもできます。もちろん大規模なアパートやマンションでなくても、戸建の借家一つであっても立派な大家になることが出来るのが魅力的です。家を貸すことが初めての人が、不安になるのは当たり前です。しかし貸してしまえば、すぐになれることが出来るでしょう。

将来の年金の補充にもなる

住宅模型

家を貸すと家賃収入が毎月振り込まれます。この家賃から修繕費や管理費、保険料や固定資産税等を支払うことが可能です。それらを支払った後に残るのが「手残り」になります。その手残りを貯金することもできますし、生活費に充てることも可能です。会社員の場合であれば、給料の補助にもなります。年金生活者の場合であれば、年金の補助にもつながるのです。このように家を貸して大家になると、不動産賃貸業という立派な肩書が得られるばかりか、給料や年金の補助的な家賃収入を得られるために、安心した生活を引き寄せることが可能になるのです。両方の収入、つまり「ダブルインカム」を得ることにより、いざ、失業したり病気になった時のために備えることもできるのです。

広告募集中